TOP ≫ ワクチン・避妊・歯の手入れ   ―最大の病気予防として、ワクチン接種・歯石除去。また避妊をおすすめします。 ―
≪前のページに戻る

歯石除去・歯の手入れ

歯の手入れのすすめ

犬は、唾液の性質から、人間のように虫歯にはなりにくいのですが、歯周病や歯肉炎にはなりやすく、歯磨きしてあげることが健康の秘訣になります。
まずは歯磨きに慣れさせることからでしょう。慣れてくれば抵抗なく歯磨きができます。歯ブラシは犬専用のものでも、サイズさえ合っていれば人間のものでもOKです。

しかし歯垢は歯磨きである程度とれますが、固まって“歯石”になってしまうと、病院で取り除かなくてはなりません。歯の表面が硬く茶色くなっていたら歯石です。

歯石除去

歯石は歯周病の原因となります。犬は歯が悪くなると内臓も悪くなってしまいます。
歯周病で歯が抜けたり、歯の根元にバイ菌が入り込み、さらにはバイ菌が血中にのって心臓や腎臓などの臓器に達して内臓を悪くするのです。

何よりも健康な歯が命。歯石除去は地味ですが重要なことです。

処置は、大きな歯石を鉗子などで取り除き、残った歯石を超音波スケーラーによって丁寧にスケーリングします。
隙間にある、さらに微細な歯石をハンドスケーラーで除去後、歯肉溝と歯周ポケットからプラーク・歯石を除去し、ポリッシャーで滑らかに磨き上げ、歯石が付きにくい歯にします。